統一球問題

今夜は西武 菊池雄星があと一歩でノーヒットノーランという見事な野球を見せてくれましたね
こんな素晴らしい試合が行われている同じ時
ニュースでは日本野球機構(NPB)の記者会見が流れました
『統一球に変更があったことを公表』
選手に対し ファンに対し プロ野球に対し 愛がなさすぎる
今夜も選手たちは 命がけの勝負をし
ファンはその真剣勝負に 胸を躍らせているのです
これまでだって道具の変更やルールの改正はありました
その度に選手たちは 知恵を絞り 汗を流し シーズンオフに準備をするんです
筋力を付けたり 技術を磨いたり 
そのために 築き上げたフォームを捨てる事もあります
適応する事ができなくて グラウンドを去る選手も少なくありません
選手にとっては少しの変化も死活問題なのです
それは正しく『一球入魂』なのです
でもね そもそも ぼくに言わせれば
ボールが遠くに飛ぼうが飛ぶまいが 野球は面白いんですよ
カテゴリー: memo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です