やれやれ

ノーベル文学賞
騒いだだけに少し残念でしたね。
でも毎年名前があがるということは凄いことです。
カテゴリー: memo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です